うつ病患者の推移│治療のためにうつ病について理解しよう

うつ病治療に効果的な食べ物

相談

うつ病の治療方法として重要視されるものの中に、「食事」があります。毎日食事をとるのが当たり前となっていますが、生きていく上での大切な生活習慣の一つでもあります。うつ病の症状が出始めると、物事に対する興味や本能的な欲求が薄れていくために食欲も減退しがちになってしまいます。感覚も鈍くなりやすく、食事の際に味覚に影響がでて何を食べても味が感じられなくなってしまうということもうつ病の症状の中にはあります。食事については仕事や人間関係よりもコントロールしやすいため、まずは食生活から見直していくことで治療へと繋げていきましょう。
うつ病治療のための食事についてまず気にしなければいけないところは血糖値です。人は食べ物を食べる時に血糖値があがるものですが、食べ物によっては血糖値が急激に上がってしまうものがあります。血糖値が急激に上がってしまうと、身体が血糖値を抑えるためにインスリンという成分を分泌します。このインスリンによって血糖値が一時的な上昇が収まった後も抑え込まれ続けてしまうことで、逆に低血糖状態に陥ります。低血糖状態は脳に充分な糖が供給されず、脳の働きを鈍らせてしまいます。低血糖時には主に憂鬱な気分になる、判断力が鈍るといったようなうつ病で見られる症状が出ます。食事療法によって治療を行うのであれば、血糖値を急激に上げるような食物を避けるようにしましょう。中でも白砂糖は血糖値を非常に上げやすいため、白砂糖を使われた甘味はおすすめできません。甘味を摂取する場合は、メープルシロップやオリゴ糖のような天然甘味料を摂取しましょう。白米やパンも血糖値が高い部類に入ってしまいます。主食となる白米やパンを避けるのは中々難しいため、その場合は食物繊維が豊富に含まれているものと一緒に摂取をすると糖分を緩やかに吸収することができます。野菜は勿論のこと、わかめや昆布のような海藻類、豆類やキノコ類も食物繊維が多く含まれています。食物繊維以外では、乳製品や酢の物も血糖値が急激に上昇するのを抑えるサポートをしてくれます。合わせて摂取するといいでしょう。血糖値に気をつけながら、うつ病の対策となるセロトニンを増やすためにたんぱく質や鉄、亜鉛、ビタミンB6といった栄養素を意識して取り入れましょう。

Go to Top