うつ病患者の推移│治療のためにうつ病について理解しよう

進行すると起きる事

フラワー

うつ病は進行していくことによって、日常に大きな支障をきたしてしまうことも少なくありません。最初に起こるのは強い憂鬱感ですが、悪化していくことで次第に症状が増えていきます。慢性的な頭痛やめまいなどの身体の異常が増えて最終的には自殺願望にまで繋がってしまう危険性があります。昔から「病は気から」と言われる通り、人の精神が身体に与える影響は非常に大きいものです。常に憂鬱な状態が続いて、悪い方へとどんどん考えが及んでしまって悲観的な考えばかりになってしまうと気が滅入るだけではなく、直接的に身体に不調をきたしてしまうので注意が必要です。うつ病がどんどん進行してしまうにつれ、治療にかかる時間も長くなってしまいます。しかしながら本人はこうした症状を隠そうとしてしまうため、周囲が気付くのに遅れてしまうことは少なくありません。うつ病は特に治療をしなくても数ヶ月から1年程度で治ることもありますが、回復するペースは非常にゆっくりになります。その間、本人の苦悩は非常に強いものとなるため、自身だけでの治療が難しい場合がほとんどです。憂鬱な気分がずっと続いているような時や慢性的な体調不良が起きている場合は、無理をして生活を続けるのではなく勇気をだして医療機関へ相談してみましょう。精神面というデリケートな分野であるためにカウンセリングに抵抗感があるといった人も少なくはありませんが、人に悩みを打ち明けるというのはそれだけでもだいぶ楽になる事が多いです。医師への相談のハードルが高く感じる場合は、気が許せる相手にまず悩みを打ち明けてみるといいでしょう。ストレスを軽減させていくことがうつ病治療への近道となります。

Go to Top