うつ病患者の推移│治療のためにうつ病について理解しよう

悩む人

うつ病診断の基準と判断

うつ病かどうか判断をするためには、まず身体の不調が続いていないかを確認してみましょう。特に慢性的な頭痛や腹痛、眠気などはうつ病である可能性も高いです。治療のためにはストレスのきっかけから距離を置くことが有効です。

Read More

相談

うつ病治療に効果的な食べ物

うつ病治療には食事がとても大切で、血糖値の急激な上昇や低下をなるべく起こさないことが大切です。血糖値を意識しながらうつ病の治療に必要なセロトニンを増やすため、生成に必要な栄養素を取り入れていきましょう。

Read More

フラワー

進行すると起きる事

うつ病は進行すると気が滅入るだけではなく、体調不良が継続する事が多くあります。更に気が滅入るだけではなく悲観的な考えになり、自殺願望が出てくる危険性もあります。放っておくと治療がどんどん難しくなる病気ですので早めに相談しましょう。

Read More

レディ

身近な人がうつ病の場合

身近な人がうつ病になってしまった場合、治療のために相手の意見をまず受け止めてあげましょう。その上でどうしたいのかを聞いて、それに対して自身の考えを伝えてあげることが大切です。

Read More

看護師

再発を防止するためには

うつ病は再発のリスクが高い病気で、数年以内に症状が再発してしまうことも少なくありません。治療によって改善した後も、投薬の継続や考え方を意識して変えていくことで再発のリスクを減らすことができます。

Read More

増えていくうつ病患者

看護師

昨今はストレス社会とも言われ、日々の仕事や日常生活の中でもストレスを溜めてしまう事が多くなっています。ストレスをうまく発散することができれば蓄積していく心配はあまりありませんが、ストレスを発散させるのが苦手な人は溜め込みすぎて精神や肉体に影響が出てしまう場合があります。うつ病もその中の一つで、年々日本のうつ病患者は増加しています。うつ病以外でも、統合失調症や不安障害、認知症もストレスが大きな原因となります。こうした精神疾患の中でも特にうつ病になってしまう人がどんどん増えてきています。うつ病・躁うつ病合わせて1996年頃には43.3万人ほどであった日本全国の総患者が、2014年には111.6万人にまで増加しています。これはあくまで医療機関に看てもらっている患者の数であるため、医療機関に通院していない人が居ることも考えるとその数は更に増えます。なお、うつ病・躁うつ病については男女別にすると女性の割合が多く、約2倍程度と言われています。これには、出産後に起こりうる女性特有のうつである、「産後うつ」があるといった理由が大きいでしょう。出産後は、母体が妊娠後に妊娠前の状態に戻ろうとするためにホルモンバランスが変化してしまいます。このホルモンバランスの変動が激しい時期は、心身ともに不安定な状態になってしまいます。それに合わせて育児疲れや新生活に対する不安や勝手の違いなどからくるストレスから、産後うつを発症してしまう可能性が高くなっています。ただ産後うつは一時的な症状となり、治療も他のうつに比べると楽である場合も多いです。その理由として、ホルモンバランスの動きが落ち着いてくるにつれて改善してくる可能性も高いものであるからです。産後うつの時期や長さには個人差があり、産後2~3週間から、長くて数ヶ月後から症状が出始めることもあります。症状が収まるまでには短くても1ヶ月以上、長いと1年以上症状が出ることもありますので、しっかりとケアしていけるようにしましょう。産後うつの治療と対策としては、まず周囲がそういった不安定な時期であることを理解し、本人は何でも1人で頑張ろうと無理をせずに夫や家族に協力を求める事、周囲は気遣ってサポートをしていく事が大事になっていきます。

Go to Top